技術ガイド

点検及び補修 

チェーン及びスプラケットの使用限界


1) プレートの磨耗

搬送物によってプレート底面とケース間の接触により磨耗、リンクプレート間の磨耗、リンク内面とローラ側面との接触により磨耗が生じます。

2) ピンとブシュ内径の磨耗

チェーンはスプラケットにかみ合う時レールの曲がり部で屈曲します。

その時ピンとブシュ内径との摺動磨耗により長期間の使用の際、チェーンの全長が伸びます。

3) ローラの磨耗

ローラ外軽の磨耗は他部品に比べて性能上の大きいな影響はありません。 Rローラ及びFローラの場合、触軌面およびブシュとの摺動部分の磨耗によってプレートの下面がレールに当たり始める時をもって限界とします。


リンクプレートがレールに触れ始めるとピンとブッシュの磨耗が促進されるだけでなく、 摩擦抵抗が増加し、チェーンの張力増大、駆動部の出力不足などの原因になります。


Sローラの使用限界はスプラケットのなだらかなかみ合い条件でローラにホールが生じて割れる前まで使用可能です。

4) ピッチの伸び

チェーンはスプラケットと噛み合うときやコーナー部において屈曲運動を生じ、ピンとブシュの相互磨耗により全長が伸びてきます。


チェーンの伸びる限度は通常基準長さの2~3%程度です。


チェーン長さの伸び量は下図のように張力が作用している状態で少なくとも4リンク以上を測定してください。

5) スプラケットの磨耗

スプラケットの歯部の磨耗が横の図のようになる際には噛み合い及びチェーンとスムーズに離れていない場合チェーンに振動が発生します。


こんな場合は磨耗部をグラインダーした後、肉盛溶接したりスプラケットを逆に組み立てて使うことができます。


スプロケットの歯部の磨耗量はチェーンの速度によって比例して使用限界はコンベヤの形式及びチェーンのサイズによって多少差がありますが一般的に3~6mmまで磨耗限界に達した際には修正したり取替えた後で使用して下さい。


※ 参考:肉盛溶接棒はDF2B-B規格の中から選定します。

金属の強度がHV350~HV600の製品を磨耗状況によって選定して下さい。

なお磨耗量が多くて基礎溶接が必要な際にはD4316を使用して下さい。





チェーンの張り調整

コンベヤチェーンは張り過ぎてもたるみ過ぎても円滑な運行ができません。

特にたるみ過ぎによるスプロケットへの乗り上げ、レールその他との干渉による事故が起こらないよう適当な時期に点検の上、調整して下さい。


点検回数(1日8時間稼動の基準)
運転開始後1週間以内 毎日1回

一般的な場合ですので連続運転の場合、繰り返し荷重や高熱腐食など悪環境の状況に適用する際には点検回数を増やして下さい。

運転開始後1ヶ月以内 毎週1回
1ヶ月経過後 毎月2回
チェーンの張りの調整事項

チェーンがスプロケットからスムーズに離れていくようにして下さい。


チェーン及びエイプロンなどがフレーム及びレールに干渉しないスペースを確保して下さい。


サージングを起こさないように調整して下さい。

水平フローコンベヤ δ = 1/10L ~ 1/20L
  • 起動、停止を頻繁に行う時
  • チェーン速度が速い場合(25m/min)
  • チェーン重量やチェーンサイズの大きい場合
  • 高温搬送物の場合
δ = 1/15L~ 1/25L




スプラケットの取付


  • フローコンベヤ:±1.0mm/1m以内
  • バケットコンベヤ:±0.5mm/1m以内
  • ロングパンコンベヤ:±0.5mm/1m以内
  • スラットコンベヤ:±0.5mm/1m以内
平行度は±1mmで調整して下さい。
  • 駆動・従動スプラケットが同一平面となるよう調節して下さい。
  • フローコンベヤ: δ=1mm以内
  • バケットエレベータ: δ=2mm以内
  • ロングパンコンベヤ: δ=1mm以内
  • スラットコンベヤ: δ=1mm 以内
片スプラケットのホイールの傾斜現象(不良)
 

- 許容精度 -

長さ10m未満の場合 ±8mm以下

長さ10m以上の場合 ±10mm以下





潤滑

(415-835) 京機道 金浦市 大串面 大串北路 395番176

TEL : +82-31-984-4435 / FAX : +82-31-984-4452 / E-mail : rf430@unitel.co.kr

Copyright BANDO CHAIN IND. CO.,LTD. All rights reserved.